教えて掲示板の質問

「総額について」に関する質問

  • 受付終了

yasutakaさん

キャッシュローンの利息についてお訊きします。

300,000円借り入れた後、毎月の収入から返す予定だったものの、失業して収入が無くなり、一切の金が返せなくなって今に至り、元金が300,000円まるまる残っています。
金融業者の定める金利 ( 利子 ) の年率が20.00%だとします ( 実際の年率はもう少し低かったような気がしますが、ここでは計算しやすく20.00%とします ) 。
4年前の2010年7月1日から支払いが滞って以来、1度も支払えていません。
元金・金利・遅延損害金の合計は2014年12月6日現在、幾らになっているのでしょう?
その状況に在る借入先が、実は3件も在るんです。
計算サイトが在りましたが、よく解かりませんでした。
と言うよりも、怖くて計算することもできないというのが本音でしょうか。

現在は職を得て収入もありますが、アルバイト身分であり、日々の生活費を何とか辛うじて稼ぐのがやっとの状況であり、とてもキャッシングローンを返せる状態ではないのですが、自身の置かれた状況が気になって仕方がないのです。

自己破産や債務整理をしようかと考えたこともあります。
しかし、多くの知人が 「 自己破産や債務整理だけは絶対にするな 」 と強く反対します。
何十年掛かってでも金融業者に返すのと、自己破産や債務整理で行政手続きを通すのと、どちらが得策なのでしょうか?
もうどうしようもなくて、死ぬことを考えている段階です。

2014-12-06 22:50:33

違反報告する

質問ナンバー:433

教えて掲示板の回答

武井康

解りやすくする為に多少乱暴に書くと

現在60万円弱。(1社) 3者で約180万円

破産又は5年で消滅時効が援用できるのでそれまで放置 が「得策」

死ぬ必要がないことは誰に効いても共通だと思いますが

人それぞれ考え方が違いますので自分にあった専門化を

2014-12-08 18:14:46

違反報告する

回答ナンバー:2450


司法書士法人東京池袋事務所の司法書士の向後と申します。

 他の方も書いていらっしゃるようですが、正確なところは取引履歴を取り寄せてみないと分からないと思われます。

 無料で相談できる事務所がほとんどだと思うので、死ぬことを考えたりせず、まずはお気軽に近くの事務所に相談してみることをお勧めします。
 司法書士事務所、弁護士事務所は、確かに敷居が高くて入りづらい面もあるかもしれませんが、相談するだけでも気持ちは楽になるはずですよ。

 「自己破産や債務整理だけは絶対にするな」というのもひとつの考え方かもしれません。
 ただ、債務整理や破産をすることによって、新しい生活を始めることができた方が大勢いらっしゃるのも事実です。

 ネットでご質問に答えるのにはどうしても限界があります。
 そういった意味からも、周りにいらっしゃる方と異なる意見にすれて見るという意味からも、面談という形で専門家に相談してみることをお勧めします。

2014-12-08 14:53:42

違反報告する

回答ナンバー:2449


松永賢一

弁護士か司法書士に債務整理の相談をすることをお勧めします。
(行政書士は破産手続きも債務整理も出来ないので)

この情報だけでは判断できませんが、過払いが発生している場合もありますし、返済金額の圧縮などいろんな方法が考えられます。

早く専門家に相談して心の平穏を取り戻されることを願っております。

ちなみに利息は30万円の年利20%で一年あたり6万円です。これが4年分で6×4=24万円。
さらに延滞利息も発生していると思います。

2014-12-08 13:44:44

違反報告する

回答ナンバー:2448


追加コメント

行政書士.COMへの相談と勘違いしました(汗)

お近くの司法書士に債務整理の相談をされることをお勧めします。


2014-12-08 13:47:54

小室拓也

千葉の司法書士の小室です。
まず,元利・金利・遅延損害金の合計は取引履歴に基づいて計算してみないと分かりません。
知人の方がどういう理由で債務整理は絶対にするなと反対しているのか分かりませんが,債務整理,自己破産というのは困った人のための手続きです。債務整理をするかどうかは最終的にご本人が決めることですが,債務整理をすることで借金の返済に悩まされている状態が緩和,解消される可能性は高いです。
司法書士,弁護士に依頼する費用が気になるでしょうが,法テラス(日本司法支援センター)という国の機関が司法書士弁護士費用の立替をしてくれる民事法律扶助という制度があります。あくまで立替なので支払う必要はありますが,月々5000~10000円程度の分割払いです。
債務整理の相談は無料というところも多いですからまずは相談してみるのが良いと思います。

2014-12-08 13:22:55

違反報告する

回答ナンバー:2447


お礼内容

ご回答有難う御座います。
取引履歴というのは、所謂 「 信用情報機関 」 で開示してもらう情報のことでしょうか
他の方が 「 過払い金の可能性もある 」 と言いますが、質問にも書いているように、滞納が始まって以来一度も返済できていないので過払い金など無いと思います。

自己破産や債務整理をすると、生活用品さえ持って行かれてしまうと聴きます。
しかし、パソコンは仕事で遣いますし、持って行かれると困る物も多々あるので、それを考えると自己破産や債務整理の着手も躊躇している状況です。
また、膝が悪くなっているので通勤に原付を使用したい所ですが、自己破産や債務整理をかけると原付すら購入できなくなるのでしょうか?


2014-12-09 13:31:46

追加コメント

取引履歴というのは貸金業者や金融機関から開示してもらうもので,借入と返済の履歴のことです。
債務整理するにあたってまず初めに取引履歴を取り寄せて債務(借金)がどれぐらい残っているのか確認したうえで方針(破産,任意整理,個人再生など)を決めます。その際に場合によっては過払金が発生していることもあります。
自己破産によって生活用品が持っていかれることはまずありません。手放すことになるのは不動産(土地や建物)や高額で換金可能なものです。パソコンなどはまず手放すことにはならないでしょう。
また,債務整理(自己破産)をして原付が購入できなくなることはありません。
ただし,ローンを組んだりクレジットカードが使えなくなる可能性はあります。
当事務所でも他の事務所でも構いませんから他にも不安に思うことがあればまずはご相談されてみてはいかがでしょうか?
その上でどうするか判断するのが良いかと思います。
私は千葉ですが,東京など近隣であれば出張相談も行っております。


2014-12-18 10:06:07