教えて掲示板の質問

「個人での新規歯科医院開設について」に関する質問

  • 受付終了

mahalohiroさん

歯科医師をしております。

来年4月中旬の開業を目指して準備を進めていますが、3月中旬まで常勤で働く予定です。
4月開業の場合、その前月10日までに保健所への開設届が必要とのことですが、
この開設届の提出時に他院で常勤の勤務実態があると提出しても受理されないと聞きました。

医院の管理者は、他院の管理者を兼任できないとありますが
私は院長などではないため勤務している医院の管理者にはなっていません。
3月ではなく2月で退職する必要があるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

2017-10-21 14:01:47

違反報告する

質問ナンバー:3713

教えて掲示板の回答

宇井 勝

 はじめまして。ご指摘頂いております通り、医療法によりますと、病院又は診療所の管理を担当する医師又は歯科医師たる「管理者」は、当該病院又は診療所にて他の従業者を監督し、業務の遂行上、必要な注意を行う存在と位置付けられていますので、原則として診療時間中当該病院又は診療所に常勤すべきものとされています。その為、もし診療所開設の時点で当該診療所の管理者となるべき医師に他の診療所等での勤務実態が存在するとなれば、管理者が適切に確保されていないとの判断にならざるを得ない事になるかと思われます。
 しかしながら、法律上、診療所開設届は診療所を「開設した日から10日以内」に提出する事とされていますので、ご記載頂いた内容によりますと、来年の4月の開業を目指して準備中との事ですから、この場合、同年の3月末までは他の診療所等でお勤めでも、実際に開業届を出す時点では既に退職なされている形になるかと思われますので、少なくとも開設届の提出の際してのご懸念は無用という事にもなるかと思われます。
 もっとも、実際には開設届を提出する以前の段階から、事前相談という形で開設予定の診療所の設置計画につき、予め確認を行うのが一般的ですので、その際、管理者等の人員確保についても確認が行われる事になるかと思われますから、その際に改めてご確認頂くのが宜しいかと思われます。
 簡単な内容ですが、何かしらのご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

2017-10-24 08:00:54

違反報告する

回答ナンバー:15160


柴崎

mahalohiro様

はじめまして、行政書士の柴崎と申します。
医療法人を中心とした行政手続きを専門としており、個人開業コンサルタントも行っております。

ご質問の件ですが、勤務医を辞めて、切れ目なく個人開業をしたい旨を保健所と打ち合わせすることで
3月まで勤務されていても個人開業に支障のないようにできる可能性もあります。

詳細については、別途有料相談をご利用いただければ、保健所等への交渉を代理で行うことも可能です。
参考までに、相談料は60分8,640円(税込)となっております。
また、開業全般についての具体的な方法も含んだコンサルタント対応についても別途お問合せいただければ
お見積りいたします。

2017-10-23 10:49:22

違反報告する

回答ナンバー:15159