教えて掲示板の質問

「あることないこと噂する人から慰謝料請求できますか?」に関する質問

  • 受付終了

にゃさん

社内に噂好きの同僚がおり、社内の誰と私が深い関係にある。取引先のお客様と深い関係にある。等、他にもいろいろそういう類のことを言われていますが、先日、一部事実もありますが私的なことを言いふらされ、9年勤
めた会社に退社を強いられました。
この方にも原因があると会社の方でもいっていたので、何か処罰があるのか聞いたところ、本人はとても恥じていてすごく反省しているのでなにもないという会社の判断でした。
こちらにも謝罪はないし、社内での様子を見ていると、まだ噂をしているし反省の様子も見られません。
噂を流している方に慰謝料請求等出来るのでしょうか?

2017-08-23 18:21:52

違反報告する

質問ナンバー:3695

教えて掲示板の回答

宇井 勝

はじめまして。
 ご質問頂いている件につき、まず、一般論としてお答えしますと、個人の社会的名誉やプライバシー等も法的保護が与えられるべき利益とされていますので、それを不当な手段で毀損すれば、民事法上の不法行為責任も発生し得ると考えられています。従いまして、個人の名誉が毀損された場合、それに伴い発生した損害につき、慰謝料等の形で損害賠償を請求する事も原理的には可能である事になりますし、実際、賠償責任が認められた事例も多く存在しています。
 ご記載頂いた内容によりますと、会社にて流言飛語を流された結果、長年勤めた会社からの退職を余儀なくされたという事ですから、ご相談頂いている事例につきましても、賠償請求を行い得る可能性は十分に存在するという事は言えるかと思われます。しかしながら、具体的に賠償を請求する為には、実際には裁判等の手段を講じる必要がある事になりますが、その際、相手の方のどのような言動の結果、退職を余儀なくされる状態にまで至ったのか等、その辺の経緯を具体的に主張していく必要がある事になりますので、実際に相手に損害を賠償させられ得るか否かは、ご相談頂いている事案の詳細にも依らざるを得ない事にもなるかと思われます。
 又、内容的には賠償請求を十分に求め得るような事案であったとしましても、その事を裁判官に理解して貰う為にはその事を裏付ける証拠を揃えなければなりませんので、ご相談頂いている事案の場合、会社の他の同僚の方々の証言等が得られるかがかなり重要なポイントという事になりますが、会社がお相手の処分には余り乗る気ではない様子からして、肝心の証拠集めにもかなり苦労する可能性が高い様にも見受けられますので、例え原理的には請求が可能であるとしても、実際に相手方に責任を認めさせて賠償をさせる所にまで持ちこむ事は、現実にはかなり困難な作業になる事も併せて御理解頂ければと思われます。
 事案の詳細が不明の為、ご記載頂いた内容を元にした範囲での総論的な内容に止まりますが、何かしらのご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

2017-08-25 22:00:24

違反報告する

回答ナンバー:15139


井上 将志郎

簡単ですがお答えさせて頂きます。
今回のご相談内容ですと、プライバシー侵害、名誉権の侵害などで慰謝料等も含めた損害賠償を請求できる可能性は高いです。
また、事情によっては職場環境の面で会社の方にも請求は可能だと考えます。

裁判になりますと、「証拠」が重要になってきますので、「内容証明」などで賠償請求の意思を示して反応をみてみるのも良いかと思います。
私の経験上、会社に対しても一緒に請求することで、支払に応じる可能性は高くなります。

何とかお悩みが少しでも改善されますことを心よりお祈り申し上げます。

2017-08-24 13:07:52

違反報告する

回答ナンバー:15138


岩見

貴方の質問は、行政書士業務外の質問ですから、一般的なご説明しかできません。どうしても解決したい意思があれば弁護士に相談して進めてください。
まず、あることないことを噂されて、それが原因で貴方が
  ・ 会社に居られなくなる又は辞めさせられる
  ・ 精神的苦痛を受けた
  ・ 大切な友人からの信頼を無くした
等の被害が出ていると思われます。
そうした場合は、民事訴訟による損害賠償、刑事事件による名誉棄損罪の告訴が出来る可能性があります。
いずれも、裁判ですから、訴える側が証拠を揃えなければなりません。
  ・犯行に直接及んだ物(例えば、噂をした本人の自供)
  ・犯行に及ぶのに使用された物(録音やメモ)
  ・犯行を裏付ける物(例えば、噂をしたのはAさんとBが供述した内容等)
等が証拠になります。
証拠は、裁判官が認定しますので、我々がこれが証拠と断定しても、証拠として認められない場合があります。
いずれのせよ、噂を流した人物を特定する必要があります。
 ・ 本人が自白する
 ・ 噂の録音をしている(録音時の条件があります)
 ・ 噂を聞かされた方が、噂の人物を特定してくれる
などで相手を特定することです。
 ・ 噂したのは、あの人だ絶対だと言っても証拠がなければ相手を罰することが出来ません。
 ・ 又噂の話が事実であれば、手を出せないのが普通です(噂される方が良俗に反している場合が多い)
無き噂であれば、貴方が蒙った被害を提出することになります。
この種の事案は非常に難しい案件ですが、泣き寝入りする必要はないと思います。
それが、原因で会社を辞めさせられたのであれば、不当解雇に該当する可能性があります。
貴方の短文での質問を一般的見解としてご説明いたしましたが、この様な問題は、いけるいけないを一言で言えません。
出来たらこのような事案に強い弁護士に相談して、勝算がある場合弁護士さんにお願いしたらと思います。
私は、弁護士ではありませんので、ごく一般的な事しか言えませんので、ご了解ください。
どうか、早めに対応することが解決の道と思います。

2017-08-24 12:18:07

違反報告する

回答ナンバー:15137


お礼内容

ありがとうございます。
中には事実もあるので、会社の判断の退職というのには納得しています。
ただ、その噂話に4年間耐えており、会社に自分が噂を流していた。と言っているようなので自白は取れるかと思います。反省していると言いながら、途絶えないので、どうにかしたいと思っております。
内容証明を送るのは出来るのでしょうか?


2017-08-24 12:55:44

追加コメント

内容証明は、やり方によっては効力がある場合がありますが、相手が納得してない場合、相手が内容証明の事を良く知っている場合は、到達しない、証拠が十分でない場合は、効力が減免する
等のことが十分考えられます。
まずは、相手の行為が貴方に対して行われたという直接証拠、間接証拠を揃え、それに対する貴方が受けた被害(精神的苦痛、診断書、会社を辞めさせられた)を明らかにすることです。
自分でもできますが、出来たら最寄りの行政書士先生に依頼する方が、成功する確率が高いと思います。
最終的に、訴訟にすることを考えている場合は、弁護士に最初から依頼する方が得策です。
何事も早期に着手することが勝利への早光です。


2017-08-29 11:18:00