教えて掲示板の質問

「借金のある有限会社を引き継ぐのは出来るのか」に関する質問

  • 相談中

ラズさん

急ぎの質問ですみません。
長年、両親が営んできた有限会社を引き継ぐつもりでしたが、今日になって父親から無理だと言われれてしまいました。
なぜなら、この有限会社が経営者である父親に3300万円の借金があるので、このまま引き継げば、借金もそのまま引き継ぐからだという事です。これは両親が雇っている、税理士がこのように言っていて、経理上のやり方だ
と思うのですが、詳しい事は分かりません。
この税理士は前々から両親の有限会社を閉めるよう勧めていて、娘である私が会社を継ぎたいと言っていても、両親は彼のいいなりでした。
ですので、私は一切口を挟む事は出来ず、ただ、有限会社の形は残しておいてもらい、有限会社の中で新事業立ち上げをしたいと思っていました。
が、今日になって突然、明日、有限会社を閉める手続きをしに行くと言われ、借金の事も今日聞かされました。
私はこのまま黙って見ていて良いのでしょうか?
有限会社のメリットは新しい取引先と早く信頼関係が結べるので、出来るなら、引き継ぎたいと思っています。

急ですみません。
よろしくお願い致します。

2017-07-10 11:39:50

違反報告する

質問ナンバー:3690

教えて掲示板の回答

岩見

有限会社は、法律が改正になり貴重な会社です。
資本金300万以上は、現在も有効で利点が沢山あります。
会社が、お父さんからの借金ですから、放棄手続きをすれば綺麗な会社になります。
これは、専門家である行政書士の先生に依頼すれば、法律的なことも教えてくださると思います。
文章で説明するのは、裏表もありますので、直接信頼できる行政書士の先生に相談してみてください。
お父さんの知り合いの税理士先生は、税金の事しか知らないと思いますので、この件は、内緒に進めた方が良いと思われます。
貴重な有限会社ですから、有効に使うことが大切です。
会社を経営しないのであれば、宝の持ち腐れにはなりますが。何かをやろうとしているのであれば、株式を起こすより断然有利です。
早急なご相談を進めてください。
成功をお祈りいたします。

2017-07-19 10:27:53

違反報告する

回答ナンバー:15121


高橋 仁

はじめまして。
上記文面から読み取れる範囲で回答させて頂きます。
まず、借金のある有限会社を引き継ぐのは出来るのかについてですが、これは可能です。
特例有限会社の代表取締役を、お父様からラズ様へ役員変更登記すれば問題ございません。
また、ラズ様が会社を引き継ぐのは、お父様が会社に貸し付けた3300万円も引き継ぐ事なので無理、とお父様がおっしゃられたそうですが、
債権者であるお父様が、自分の会社に対して債務免除をするというのも一つの方法かと思われます。
ただ、財務諸表を拝見できないので何とも言えませんが、お父様からの借入金の他、取引先への買掛金や銀行からの借入金の額によっては、
引き継いだとしても借金スタートの可能性がありますので、今後の売り上げとのバランスを勘案しながら行った方がよろしいかと思われます。
新会社法が施行されてから、それまで設立には資本金300万円が必要だった有限会社がなくなり、有限会社は株式を発行する特例有限会社になりました。
同時に株式会社は資本金1000万円の要件が廃止され、資本金が1円からでも作れるようになりました。
ゆえに有限会社という名前の会社は1円で設立する事はできないので、それが信用とブランドになりえる、という考え方がございます。
そういった意味でラズ様がおっしゃるような上記有限会社のメリットはあると思います。
結論と致しましては、借金のある有限会社を引き継ぐ事は可能ですので、その借金を上回るような売り上げを絶対に確保する自信がおありなら、有限会社を引き継ぎ、
そうでないなら、新規に会社を設立された方がよろしいかもしれません。
以上、少しなりともご参考になれば幸いです。

2017-07-12 14:58:55

違反報告する

回答ナンバー:15115


お礼内容

高橋様

殆ど情報がない中、良いアドバイスをして下さり、ありがとうございます。

今まで、両親に気を使っていましたが、借金の内容をきちんと確認してみます。

両親もその親から受け継いだ有限会社なので、業務内容が変わっても、名前を残したい気持ちが強くありましたが、一旦、気持ちを落ち着かし、冷静な気持ちになって、その他の可能性も考えてみたいと思います。

親身にアドバイスを下さり、本当にありがとうございました。


2017-07-14 22:51:04

宇井 勝

はじめまして。
 まず、借金のある会社を引き継ぐ事の可否、という点につき端的にお答えしてしまいますと、実際、例えば上場企業などでも、赤字を計上した場合にその責任を取る形で経営陣が一新される事があります通り、会社を引き継ぐ事自体は可能であるとお考え頂いて宜しいかと思われます。
 ただ、一口に「借金」と言いましても、例えば企業活動を継続して行く上で必要となる運転資金を確保する為、銀行から融資を受けている場合の様に、通常の企業活動に伴い必要な範囲に止まるというのであればそれ程心配する必要はないのかもしれませんが、反面、業績が伸び悩み、資金繰りが悪化した結果として積み上がった負債という事になりますと、結局、負債の増加はそのまま事業活動の行き詰まりを意味している事になりますので、この様な場合ですと、経営を続けても負債が拡大する一方という事になりますから、状況によっては事業継続を断念する事も一つの方策として検討せざるを得ない事
にもなるかと思われます。
 ご記載頂いた内容によれば、会社の整理は税理士からの提案との事ですが、ご両親が経営なされてきた会社の経営実態を、税務を通じて把握して来られた税理士さんがその様な判断を下しているとなりますと、失礼ながら、会社の現状に鑑みれば止むを得ない選択なのでは、という気がしなくもありません。又、本来、会社組織の場合、会社の債務は基本的には会社財産の範囲で清算される事で足りる扱いとなっていますが、現実には会社の債務を経営者が個人で保証している場合が少なくありませんので、この場合、会社の債務が膨らむ事は経営者個人の責任も膨らむ事を意味して来ますから、税理士さんが清算を勧めている背景にはその辺の事情もあるのでは、と思われます。
 従いまして、仮にご相談者様が会社を引き継がれたとしましても、その結果、現状ではかなりの負担をご相談者様が負う形になる事も覚悟する必要がある様にも見受けられますので、余り時間は掛けられないご様子ではありますが、会社の現状や引き継がれた後の展望等につき、もう少し詰めて検討をなされた上で結論を下されても宜しいのではと思われます。
 事案の詳細が詳らかではありませんので、一般論的な範囲での回答となりますが、何かしらのご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

2017-07-12 10:47:53

違反報告する

回答ナンバー:15114


お礼内容

宇井様

殆ど情報がない中、良いアドバイスをして下さり、ありがとうございました。

今まで引き継ぐ事ばかりにこだわっていましたが、冷静になれました。

気持ちを落ち着かして、自分が何をするのが良いのか、新規事業で開業する事もきちんと視野に入れていきたいと思います。

ありがとうございました。


2017-07-14 23:07:53

井上 将志郎

簡単ですがお答えさせて頂きます。

借金のある有限会社を引き継ぎ継続して事業をされることは可能です。
組織的には、会社の株式を購入して、代表取締役に就任するということになります。

ただ、新規設立よりも、既存の会社の実績等を踏まえ、
借金を引き継いででも既存の会社で新規事業を立ち上げるメリットの方が上回っている場合でないと、経営は大変だろうと思われます。

お父様や税理士が会社の存続を難しいと考えているようであれば、関連会社等を新規で立ち上げて事業譲渡を受けるなどの方法なども模索される方が良いかと思います。

経営判断はとても大変なことだと思われます。
しっかりと、現状を確認されてから行動されることをお勧めします。

相談者様のお悩みが少しでも解決されますことを心よりお祈り申し上げます。

2017-07-11 10:30:57

違反報告する

回答ナンバー:15112


お礼内容

店舗オーナー様

殆ど情報がない中、親身にアドバイスをして下さり、ありがとうございます。

冷静な気持ちになる事が出来ました。

長年の功績を潰してしまうのが嫌で、名前を残す事にこだわり過ぎていました。

広い視野を持ち、新規事業での開業も考えていきたいと思います。

ありがとうございました。


2017-07-14 23:27:26

井上 将志郎

簡単ですがお答えさせて頂きます。

借金のある有限会社を引き継ぎ継続して事業をされることは可能です。
組織的には、会社の株式を購入して、代表取締役に就任するということになります。

ただ、新規設立よりも、既存の会社の実績等を踏まえ、
借金を引き継いででも既存の会社で新規事業を立ち上げるメリットの方が上回っている場合でないと、経営は大変だろうと思われます。

お父様や税理士が会社の存続を難しいと考えているようであれば、関連会社等を新規で立ち上げて事業譲渡を受けるなどの方法なども模索される方が良いかと思います。

経営判断はとても大変なことだと思われます。
しっかりと、現状を確認されてから行動されることをお勧めします。

相談者様のお悩みが少しでも解決されますことを心よりお祈り申し上げます。

2017-07-11 10:30:57

違反報告する

回答ナンバー:15113