口コミ掲示板の質問

「股関節の亜脱臼です。整形外科やカイロプラクティックで診察するべきでしょうか?」に関する質問

  • 受付終了

クリリンさん

40前の男です。

いつの頃からか(多分10代後半ぐらい)、股関節の右足の
付け根の骨がポコンと外れたりはまったりするようになりました。

時々、何もないところでつまづきそうに
なったりするのはこれが原因でしょうか?

まだ医療機関には行っていないのですが、
これは股関節の亜脱臼という判断でいいのでしょうか?

整形外科やカイロプラクティックなど色々あるようですが、
治療するとすれば、どのようなところに行くべきでしょうか。

痛みもなく普段の生活にも支障はないのですが、
いつまでも放っておくわけにもいかないので質問しました。

よろしくお願いします。

2011-09-15 13:32:44

違反報告する

質問ナンバー:280

口コミ掲示板の回答

栗原

右足の付け根のところということは股関節だと思います。

通常、股関節は、構造的に簡単に亜脱臼したりする部分ではありません。

それが外れるような感覚がある場合、考えられるのは、生まれつき股関節の関節の形が外れやすくなっている可能性があります。特に十代後半からのことなので。

症状がない場合でもあまり外れたりはまったりということを繰り返すと、高齢になったときに変形を起こす可能性が高くなってきます。
股関節は大事な関節です。体の関節の中でも関節の中に血管が走っている珍しい関節でもありますが、一度変形などが起こると他の関節が変形するよりも重篤になるケースもあります。


一度、整形外科などでレントゲンをとって股関節の状態を調べてもらうと良いと思います。


もう1つ考えられることは、右足の付け根の骨が外れたり、ははまったりするのが音がするということであれば、おそらく足を動かしているときに音がするのだと思います。この場合、股関節に問題がなくても骨盤の関節が音を出している可能性もあります。足を動かすことで股関節も動きますが、骨盤の関節も同時に動きます。この場合、腰の下のほうに痛みや違和感を感じた経験があるとおもいます。


つまずきそうになることは

股関節が亜脱臼しやすい場合、股関節の前の部分位は、大腿神経という太ももの前の筋肉にいっている神経があります。この神経を長期間刺激すると動きにもかかわってきます。

骨盤の関節が非常に不安定になると足の脱力感を感じる方もいます。



骨盤の関節の場合、カイロプラクティックは有効です。
股関節の場合では、股関節が可能な限り安定するように周りの筋肉のバランスをとったり、周りの関節の僅かな異常をみつけて股関節に負担がかからないようにします。


症状がなくても症状が現れた時にはかなり悪化していることがあります。悪くなる前に検査や予防が必要だと思います。

以上ご参考になれば幸いです。

2011-09-30 12:20:55

違反報告する

回答ナンバー:1855


鶴善太郎

股関節の亜脱臼でしょう、整形外科でレントゲンを受けてみるのが、最初でしょう、それから、骨格矯正を専門にしている、整体院またはカイロプラクティツクにかかるべきでしょう。
亜脱臼はキチントもとにはめるのは、大変難しいものです。少しづつ外しながら、入れなおすという、股関節亜脱臼の矯正法が一番いいと思います。特殊な矯正器具を開発して当院では行っています。

2011-09-21 10:06:20

違反報告する

回答ナンバー:1854


 はじめまして!院長の五反田です。 
文面から判断して、ご指導をさせていただきます。

「股関節の亜脱臼」ではないと思います。
なぜかと言うと、「痛みもなく普段の生活にも支障はない」
わけですから、亜脱臼ではないと思います。

もし、「股関節の亜脱臼」であれば、
患側(右足)の大腿部前面に“強い痛みとしびれ”
が出ると思います。
そして、とても歩ける状況ではありません。

 さて、患者さん本人は気が付いていないと思いますが、
日常生活に“障害の素”があるのではないでしょうか?

“障害の素”とは、あなたの体の左右荷重バランスと
前後荷重バランスが、日々の日常生活の中で偏ってくると、
漸次荷重がかからない側の関節に「潤滑不全」要素と
「構造的不安定」要素が惹き起こされることになります。

 多分、夜寝る時はいつも横寝をしていませんか?
横寝が習慣になると、知らず知らずのうちに“障害の素”になります。
→参照「スタッフのブログ・お知らせ」の「朝の目覚めは良いですか?」

 特に右足は、多分、靴のかかと部分の外側がすり減っていませんか?
すり減っていれば、内反足の可能性があります。
→参照「健康だより(1)~(4)」の健康だより(3)内反足とは?

 それでは、日常生活指導をさせていただきます。
詳細については、下記をご参照下さい。

 福岡市東区の五反田整骨院(関節治療の専門)
http://www4.hp-ez.com/hp/gotandaseikotuin
・「院長からのご挨拶」
・「非荷重とは?」
・「生理的局所冷却について」
・「健康だより(1)~(4)」の健康だより(3)内反足とは?
・「健康ヨガプログラム」の「(1)骨盤・股関節ポーズ」、「(3)胸腰移行部ポーズ-1」
・「スタッフのブログ・お知らせ」の「健康情報|歩行訓練」、「健康情報|立位」、
 「朝の目覚めは良いですか?」

 是非、実行してみてください!
早く改善されることを願っています!

2011-09-16 13:55:46

違反報告する

回答ナンバー:1853


松谷

関節の動揺性や発生時期から見ても大腿骨頭が収まっている寛骨臼かという部分が
浅いのだと思います。骨状況に対しては外科的以外の手技での改善は厳しいと思うので、運動療法でのアプローチが適切ではないでしょうか。痛みもないので治療というとよりは、未病を防ぐ意味で筋力くアップをお勧めします。また、諸先生様達からのご指摘の通り、最悪大腿骨頭壊死などに発展しないとも限らないので必ず「股関節専門のドクター」を受診して現状をチェックした方がベターだと思いますよ。

2011-09-16 11:18:38

違反報告する

回答ナンバー:1852


永嶺

整形外科で受診してください。
その上で治療方法を各所(整形外科・カイロ・整体等々)で確認しつつ、ご自身の良いと思われるところで治療されてはいかがでしょうか。
先ずは、どのような状態なのか、そうなった原因を知ることが大事です。

2011-09-16 01:02:07

違反報告する

回答ナンバー:1851


是永

股関節の状態を知るためにも、
まずは、レントゲンやMRIの設備がある
整形外科の受診をお薦めします。

2011-09-15 22:46:03

違反報告する

回答ナンバー:1850


国田 康二

一般の多くの方は、関節の問題=関節だけの問題と考えがちですが、関節には靭帯や筋肉が繋がっており、この靭帯、筋肉の問題が大きく関係しています。

何らかの問題で、筋力が低下したり、靭帯のゆるみが起きる事があります。
このような事を扱ってくれるところが良いと思います。
整形外科より、民間の治療院のホームページを見て、筋肉、靭帯などの修正を行なう事がが書かれた内容があるか?探したほうが良いです。

2011-09-15 22:43:33

違反報告する

回答ナンバー:1849


針灸整骨院カイロ整体をしています。まずは整形外科でレントゲンをとってもらい、治療が必要なら
整骨院、カイロプラクティックに行って下さい。情報が少ないので、二つ考えられます。A臼蓋形成不全〜生まれつき股関節が悪く、関節が浅い為に引っかかりが時々出ている場合。B珍しいですが、亜脱却をおこす場合。まずは診察、治療、股関節回りの筋力トレーニングをして下さい。股関節が悪い人はよくつまずきます。将来を考えて 必ずして下さい。

2011-09-15 19:35:25

違反報告する

回答ナンバー:1848


おそらく、関節が浅いか、関節自体がゆるい状態だと思います。
治療は対処療法になると思います。

仲良く付き合っていったほうがよいと思いますよ!

2011-09-15 17:33:15

違反報告する

回答ナンバー:1847


鈴木昭彦

まず整形外科の診察を受けてください。すべてはそれからです。

2011-09-15 17:14:49

違反報告する

回答ナンバー:1846


まずは、整形外科に行ってレントゲン撮影をし、関節の状態がどのようになっているのか診断してもらい、医師の指示に従いその後、マッサージ、鍼灸の治療を受診された方が良いと思います。

2011-09-15 16:55:25

違反報告する

回答ナンバー:1845


亀山寿朗

股関節を安定した状態にするには,足関節,首,趾関節などの協調制御を必要とします。つまづいたりするのは,首と趾関節に問題があるからだと考えます。わかりやすく言うと股関節は球関節(丸い)なので前後左右回旋など多方向へ動く関節なので,その中でどちらの方向運動に対して不安定性(抜けやすい)があるかを調べることも大切です。また,腰から影響するものもあり,第5腰椎との関連も考慮したら良いと思います。治療をしてくれるところに関しては,接骨院・整形外科を中心に選び
カイロプラクティックもところによっては診てくれると思います。当院は,テープ貼り療法で関節の安定性をとります。スパイラルテープを使った方法です。

2011-09-15 16:41:37

違反報告する

回答ナンバー:1844


菊地

最初に医療機関に行かれることをおすすめします。


判断はMRIなどで分かります。

診断をお受けになってからならば、カイロ、整体でお役に立てる
ことがあると思います。

お大事にどうぞ。

2011-09-15 15:54:33

違反報告する

回答ナンバー:1843


三好成子

まずは股関節の亜脱臼という診断ですが、実際にはMRI、レントゲン、関節可動域検査などを行って判断するので、ここではわかりません。
カイロプラクティックによる亜脱臼の調整は整形外科の亜脱臼と異なるものです。
整形外科の診断を受けても良いと思います。

整形外科ではMRI、レントゲンで所見を見て、問題ないようでしたら、主に筋肉のリハビリとなるかもしれませんね。痛みが強い場合は整形外科的処置も進められるかもしれませんね。

当オフィスのカイロプラクティックは股関節のみならず、体全体を見て施術をします。関節可動域、痛み、弱った筋肉の検査をします。
先天的な股関節の脱臼によくみられる、歩行や股関節の左右差からの足の運びの問題がある場合は股関節の調整はもちろん、負担となる背骨、膝、足などトータルな身体調整を行います。
必要であれば、生活の姿勢、運動アドバイスも行います。
もしカイロプラクティックを受けられる場合は施術方法が多種多様ですので
知り合いの方からの口コミやHPを良くご覧になって決めるのも良いと思います。
また直接HPからご質問されるのもよいと思います。
お近くにカイロプラクティックがなければご相談ください。

2011-09-15 15:51:39

違反報告する

回答ナンバー:1842


高木

整形外科で受診して原因の把握につとめてください。
参考:股関節形成が十分でなく関節か(大腿骨骨頭が嵌る窪み)が浅い場合、股関節脱臼が起こりやすくなります。:股関節周囲の筋肉を鍛えると言うのもひとつの方法でもあります。

2011-09-15 14:59:52

違反報告する

回答ナンバー:1841


takashi

股関節が亜脱臼するのは股関節周囲の筋肉が柔軟性を無くしたため、股関節の大きな動きに対応しきれなくなった為と考えます。

つまずきやすいというのは大きな関連があると思います。

脱臼なのか亜脱臼なのか、それ以外なのかは医師に判断してもらうのが適切と考えます。

まず整形外科で診断を受け、対処法があるのでしたら整形で治療を受けるのがいいと思います。
(カイロの治療でも改善可能と思いますが)

股関節は痛みを感じにくい場所なので放置する人が多いのですが、徐々に骨頭が壊死して溶けてしまう可能性がありますので、どこで治療を受けるにしても早急に対処されるのが適切と考えます。

2011-09-15 14:25:38

違反報告する

回答ナンバー:1840


枝元 直正

鍼灸でも良くなる例は有ります。再発する場合も多いので、その旅に、治療を継続して行けば良いと思いますが、整形外科の診断も受けた方がよろしいでしょう。放置するのは、良く無いと思います。年を取ってから障害が出る可能性が高いです。色々な療法が有りますが、荒療治でなければ色々やってみたら良いのです。カイロプラクティックは、医療国家有資格者か経験豊かな方に掛りましょう。

2011-09-15 14:12:51

違反報告する

回答ナンバー:1839