教えて掲示板の質問

「人命救助関係の職種選びについて」に関する質問

  • 受付終了

戸ヶ崎 寛孝さん

はじめまして。北海道の某大学院博士後期課程3年の戸ヶ崎寛孝と申します。ただ、研究活動は茨城県つくば市の某研究所で日々行っていますので、筑波在住です。

僕の専攻は燃料電池です。つまり、クリーンエネルギーに当たる分野の研究をしています。これは、人を守るためには、地球環境を守らないといけないと自分なりに考察したので、地球環境を守る技術を作ろうと志を決めて、この分野に進みました。ただ、東日本大震災の遭ってわかったのは、僕は被災してる人がいるとわかると、誰よりも率先してその人の為に動けるということでした。例えば、帰宅難民になった方を見つけたので、見ず知らずの人にもかかわらず、家の側まで自家用車で送りました。また、放射能の問題で誰も行こうとしない福島県いわき市にボランティアや物資を運びに行ったりしました。

人命救助に興味を持つ僕のような人間が、博士号を取得したのちに就くのに適した職とは何だと思われますでしょうか?やはり消防やレスキュー隊の道具を作る会社に勤めることでしょうか?それとも先生の様に防災関係のアカデミックの世界に進むことなのでしょうか?それともまた別の何かでしょうか?

お忙しい中、誠に恐縮ですが、何方かご返答を宜しくお願い致します。

2011-04-11 10:35:10

違反報告する

質問ナンバー:2165

教えて掲示板の回答

観元

 戸ヶ崎様

 はじめまして。

 お問合せいただきました、徳島県の実践異業種交流会 事務局です。

 戸ヶ崎様の行動力には、ただただ頭が下がります。

 是非、これまで研究されてきた燃料電池の研究・開発に進んで下さい!

 被災地のボランティアは、研究の合間でも大丈夫だと思います。

 戸ヶ崎様は行なう研究が、今後の日本の環境に役立つ時がくるはずです!
 
 結果、被災地の方々の将来 強いては日本/地球環境に行かせるのでは
 ないでしょうか!
 
 積み重ねの延長で社会貢献(経済活性・被災地復興・環境回復)を
 貫いてください!!!

 応援させていただきます。
 開発した暁には是非、燃料電池の技術をご教授下さい。
 製品化して世に広めましょう。

 お役に立てるかと思います。
 その際は、一言お声掛け下さい。 
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

 戸ヶ崎様のご清栄を心よりお祈り申し上げます。

                         合掌  実践異業種交流会 事務局

2011-04-12 17:56:06

違反報告する

回答ナンバー:8477


小笠原雄二

戸ヶ崎様

異業種交流会エンコレ代表の小笠原でございます。
某大学院はおそらく私が修了した大学院ですね。

私個人の経験から申し上げますと、、、
私は仕事を通じて社会貢献をしたいと思い、工学研究科を経てインフラに関わる仕事に従事しました。

しかし、インフラの事業は公共事業のため客先が官公庁とのやり取りばかりになり、エンドユーザーとの繋がりが全く無く、やりがいを感じなかったため独立しました。
現在は学歴や学んできた分野を捨てて、エンドユーザーと直接やり取りができる仕事をやっています。
仕事を通じて感謝の気持ちが直に返ってくるためとてもやりがいを感じています。

研究や教育が好きなら研究職に就いたほうが良いと思います。
ただし、お客様との強い関わりを持ちたいなら研究職は向かないかもしれません。
民間の研究職は会社の利益に関わる製品開発がメインになることが多く、製品を使った人の生の声も聞けないため、人助けという実感は薄くなります。
大学の研究職はご存知の通り民間よりも製品化により遠くなり、未知なることを研究することがメインになり、その後民間企業が製品化に繋げることが多いです。

博士号を取得したかどうかよりも、戸ヶ崎様がどうなりたいのかが大事です。
私は元々博士課程に進むつもりでしたが、自分の目的地を考えた末に就職する道を選びました。
就職後、目的地に近づけないことがわかったので、独立をしました。

戸ヶ崎様がなりたい将来像が決まったら、答えを他の人に求めることなく進路は決まるはずです。

2011-04-12 00:55:59

違反報告する

回答ナンバー:8476


>防災関係のアカデミックの世界に進むことなのでしょうか?

そうです。
研究分野は、一定の学究レベルにあるものしか進むことはできません。その世界に行けるのであれば、それはその世界が呼んでいることと同じです。

その上で、その道に進んだうえで、他の研究者とは違う現場に強みを持てる、つまり、行動力を武器とするあなたの実践力を発揮すればよいのです。

何も迷うことはありません。

学問を、徹底的に極めなさい。

そして、直感に従って、その学問を人の役に立つように、広めなさい。


※注意:文章冒頭の「自信度」ですが、まったくくだらいシステムです。固有の価値観を語るものに、自ら自信判定させるナンセンスさが笑えます。

2011-04-11 23:03:00

違反報告する

回答ナンバー:8475


小野

ご質問ありがとうございます。トレンドラインの小野です。

なかなか難しい問題ですね。個別にどの業種というのは差し控えるとしまして、一つの考え方として、人命救助=災害支援 というように直接的な職業もあるかと思いますが、人の命を守るという概念をもっと俯瞰的に見てもいいのではないでしょうか?

いわき市まで物資を運ぶ際に、ガソリンを入れてくれたスタンドのお兄さんも、みなさん頑張って下さい、という気持であれば、間接的には戸ヶ崎さんを通して、被災者支援を行ったことになるのではないでしょうか?
先生や消防関係の仕事だから尊いのではなく、どんな仕事でも、それを行う心の持ち方次第だと思います。その中で戸ヶ崎さんが、正しいと思った職業を遂行する上で、心次第で正義にも、悪にもなるのでしょう。

答えにはなっていないと思いますが、大人になれば分かります。大事なことは、選ぶ前ではなく、選んだ後、だということが。

戸ヶ崎さんのご発展を心よりお祈り申し上げます。

2011-04-11 22:31:19

違反報告する

回答ナンバー:8474


田村

はじめまして、メディア オフィスタムラの田村で御座います、メール有難うございます
難しい問題ですね、個人的見解ですが、今なされている、研究及びその関係の会社に付くべきだと、考えます、今までの研究が生かせる方向で考えて見られたらどうですか?今までの研究結果が人に役に立てれば一石二鳥では有りませんか、本来で有れば、食べる事が出来るなら、博士号を取られて、研究者として燃料電池(クリーンエネルギー)の研究を突き詰めて見られたら如何ですか?現実問題として、それでご飯を食べられるかは問題ですが、何であれ、私は「一生勉強」だと思いますので、自分の生かせる道で職業を選べて、人に役に立つ物を考えれたら良いと思います

2011-04-11 22:00:41

違反報告する

回答ナンバー:8473